5年落ちのバイクを売却する際、できるだけ良い値段で買い || 5年落ちのバイクを売却する際、できるだけ良い値段で買い取って欲しいと思うのは当然

ゆりんのバイク買取日記

↑ページの先頭へ
枠上

5年落ちのバイクを売却する際、できるだけ良い値段で買い取って

5年落ちのバイクを売却する際、できるだけ良い値段で買い取って欲しいと思うのは当然ですよね。

それならちょっと手間はかかりますが一社ではなく複数の業者さんに見積りを出してもらうほうがいいでしょう。

営業が一社だけだと、金額を提示したあと「上司に相談します」、上乗せして「がんばりましたこの価格」とやってのけるのですが、まさにコテコテの営業トークです。

「うちなら」価格は「よそなら」どうなのと思うのは当然です。
それに、1日くらい待たせても相場が替るような品物ではないはずです。という理由で、もう1社いきましょう。実5年落ちのバイクスピード検査には時間がかかりますが、1日1社でも2社くらいはいけますよね。
きちんと比較して、納得できる売却先を選択するとよいでしょう。

安い買取業者に車の買取を依頼したいけども、おみせに出むく時間が惜しいという方は、自分から出かけなくてもいい出張査定がお薦めです。

出張スピード検査には手数料や費用がいくらかかるか気にされる方も多いでしょうが、業者の多くは無料で出張査定を行っています。

業者に出張スピード検査をおねがいするには、インターネットを利用すれば24時間受付可能ですし、中古5年落ちのバイク高額買取業者の中でも大手ならばフリーダイヤルで申込みすることも出来ます。5年落ちのバイクの買い換えですが、最近では、専門の買い取り業者を利用する人が多くなってきているようです。
ところで一つ気にしておきたいことがあり、売りたい5年落ちのバイクの事故歴、修理歴について売却相手の業者に伝えないでいるとどうなってしまうか、ということです。

5年落ちのバイクを売却する際には、店と契約書を交わしますが、そこにある買取査定の方法規約によりますと、事故歴の掌握をしているのならそのことを申告する義務について記されています。なので、事故歴や修復歴があるのを知っていながら、それを相手に伝えていなかった場合には、契約後、あるいは買い取り後であっても事後減額要求が可能でることになっていますから、事故歴は隠さず、申告しておきましょう。「無料」好きというのもあって、一度無料出張スピード検査サービスというのを使って5年落ちのバイクの売却をした経験があり、その時のことなのですが、出張スピード検査人の職人気質なシゴトに大変感銘をうけました。かなり隅々まで細かく点検をしていきますが、テキパキしていて、気持違いいくらいでした。
わかりにくいところに小さなキズもありましたが、自分では全然気づいていませんでした。プロの目は確かですね。しかし大したマイナスにはならなかったのでいい感じでした。考え方は人によって様々だと思うのですが、個人的には一番スマートな方法だと思っているので、5年落ちのバイクの買い換え時には、安易にディーラーでの下取りを選ばず、中古車をあつかう専門の買い取り業者に査定を頼んで、買い取ってもらうことにしてます。利用方法が簡単だということもあります。


パソコンかスマホで一括スピード検査サイトの画面を出し、そこに書いてある通りに5年落ちのバイクの事や個人の情報をある程度入力して登録を済ませます。
沿うすると、業者の方から電話かあるいはメールで連絡がきます。

例外もあるかも知れませんが、多くの場合、4つか5作らいの業者から連絡があります。

その時に、自分の5年落ちのバイクがいくらで売れるかを聴きます。

沿うして値段の目安がわかったら、良い値を出してくれ沿うな業者の候補を三つ程選び、他の業者は電話できっぱり断ってしまいます。
車査定サイトなどをとおして、利用してたい業者を選んだら、その次は、実際の5年落ちのバイクをスピード検査する段階に進むのですが、その際、揃えておくべき書類があります。自賠責保険証明書、それから自動5年落ちのバイク検査証(5年落ちのバイク検証)の二つです。スピード検査の日時が決まって、そこから慌てて探し回るようなことのないよう、売却時に準備しておきたい各種書類と共にまとめてちゃんと一式揃えておくべきでしょう。
これらの書類に関しては、何か他のもので代わりにはできませんので、紛失していた場合には、再発行の必要があって、それなりに時間がかかりものもありますから注意して下さい。現物スピード検査をうける場合、タイヤの摩耗などによってスピード検査額の上乗せもできるので、タイヤの状態はできるだけ良い方がベターだと言えます。
良い状態のタイヤでなくても、新しいタイヤに替える必要はありません。タイヤ交換の費用の方が高くつくことになります。
スタッドレスタイヤとか社外アルミホイールなどに交換している場合、外して別に売った方が手間はかかりますが高く売れるようです。

5年落ちのバイクを安い買取に出す際の流れというと、WEB上の一括スピード検査サイトを利用してて買取業者を選定し、その後、実際に現物査定の方法をうけるのが一般的と言って差し支えないでしょう。


一括スピード検査は誰がやっても同じような結果になりますが、現物スピード検査は実際に対面しての手つづき、つまり、生の交渉で買取額が変動する場合が考えられます。
少し手間をかけてもいいなら、複数の業者の現物スピード検査をうけた上で、それを持とに価格交渉を行ってもよいでしょう。妻の第二子の妊娠がわかったのを機に、いままでより大きな5年落ちのバイクに買い替えました。それは良いのですが、いつもお世話になっているディーラーに下取りに出しましたが実際、下取りしてもらった経験はなかったので、「値引きできない分、下取りのほうをアップしました」と言われ、その額で決めました。帰りにファミレスで明細書を見たとき、下取りが安すぎるので悶々としてしまいました。5年落ちのバイク安い買取のほうも検討してみるべきだったとあとになって後悔しました。

サイト上で「車査定 相場」とキーワード検索すると沢山の一括検索サイトに出会えます。
条件(他人に要求する時は多く、自分に要求される時には少なくと考える人が少なくないでしょう)を入力すると、スピード検査相場を一覧表で見られる複数のサイトがあります。自分の5年落ちのバイクの買取価値を高めたい人にとっては、どんどん便利になっています。


ただ、詐欺の一歩手前のことを行っている業者も存在します。
インターネット上の情報を鵜呑みにしないで下さい。



慎重に調べて下さい。



枠下 枠上 枠下
枠上 枠下
Copyright (c) 2014 ゆりんのバイク買取日記 All rights reserved.